sorosoro

何か最近休みを休めてない気がする。忙しいから、帰るのも遅いし、休みも会社にでてきたりして、ホント丸一日休みってのは最近無い。4月なんかほとんど日曜出勤だし・・・。まあそんな事は良しとして、そろそろゴールデンウイーク。久々の休みももう目の前!楽しみだなー!!

新戎橋はどこになるのだろう?

shinebisubashi01
shinebisubashi02
shinebisubashi03
昨日ミナミの帰り道、ちょっと気になった橋があった。その名も「新戎橋」。最近ドンキホーテができたり、その他いろんな店が立ち並び、工事真っ最中の戎橋だが、御堂筋を超えた所に「新戎橋」を発見。多分グリコの戎橋が出来た後、この「新戎橋」が架けられたのだろう。
で、ちょっと問題なのは新戎橋はどっちなのだろう?という事、グリコの戎橋が完成したときは、そっちが「新戎橋」になると思うし、写真の「新戎橋」ももともとの名前なので、変えるわけにもいかないだろうし・・・・。
でも、多分今回写真にとった「新戎橋」はマイナーなんだろうな。ここの橋が「新戎橋」だと言う事を知らない人の方がきっと多いだろうし。
街をあるけば、何かを発見し、発見しちゃあどうでもいいような事を考えてしまいます。

ちょっとおもろいコンビニさんシリーズ14

con_14_01
con_14_02
con_14_03
ひさびさにこのネタ。多分この記事を期待してる人はあきらかに一桁。それでも書きます。ちょっとおもろいコンビニさんシリーズ。
昨日ミナミの方にでかけると、OCATと南海の間・バス停の辺りに新しいファミリーマートが出来ていた。このコンビニのちょっとおもろいポイントは、表と裏がある所。出入り口が二つありました。バスを待っているお客さんと、表の明るい方から入ってくるお客さんがターゲットなのだろう。なんて事ない話題かもしれませんが、ちょっとしたマーケティングの勉強になるんですよ。コレ!

太いのが僕のお口に

決してエロではありません。
期待した方はすいません。
僕は一週間の間、ものすごく細いタバコ「カプリ」を吸っていました。慣れってのはコワイもので、たかが一週間ものすごい細いタバコを吸い続けて、今日久々にパーラメントに戻ると、ものすごく太くごつく感じる。まさに「太いのが僕のお口に」と言う感じです。今まではこのサイズが普通だったのにね。人間の適応能力ってものすごいです。

パイン丸ごと、250円ミカン、馬刺

pine
mikan
イヤー昨日は初体験が多かった。友達の家に行くのに、手ぶらもなんなので、フルーツショップでフルーツを買っていきました。でも、ただ普通のモノをかってもおもしろくないので、パイナップル丸ごと一個と、横にあった一個250円のミカンを買っていきました。写真だと多分迫力が伝わらないので残念!
パイナップルってよく考えると間近で見る機会がなく実はパワフルな迫力あるんですよね。で。250円のミカンは絵の具を塗りたぐったようなオレンジをしてる。それで感想は・・・
250円のミカンはやっぱりミカンなんですけど、味は濃いという感じ甘いとかではなく、濃い。それで、パイナップル。コレは本当に美味しかった。缶詰の味にどうしてもなれてる僕にはちょっと衝撃的だった。缶詰とちがって、酸味がきいてた。もう缶詰食べられなくなるかもしれない。パイナップルを丸ごと切るのも一苦労だし、結局二人では食べきれなかったけど、いい体験をした。
そして、飯を食べにいこうという事になり、東心斎橋の「博多ばってん」というお店に行った。ほとんど、飲み物を頼まず(2人で瓶ビール1本だけ)、食べ物ばかり頼んでいた。筑前煮とか、生明太子とか、いろいろ頼んで、どれもほんとおいしかったけど、その中でも馬刺を初体験した。
馬刺の中でも、頼んだのは中トロとタテガミ。タテガミはちょっと不思議な味がしたが、中トロはうまかった。この店でとにかく「食べ物のしあわせ」を感じていました。世の中のおっさんと呼ばれる人はこういう日常的なモノに幸せを見いだすのかと勝手に妄想して幸せになっていました。
うまいもんや新しいものを食べるのはいいね。ただただ痛感!

カプリ

capri01
capri02
細っ!細っ!細っ!細っ!細っ!細っ!細っ!
ただひたすら
細っ!細っ!細っ!細っ!細っ!細っ!細っ!
あまりの細さに心細くなった自分がそこにいました。
心細っ!心細っ!心細っ!心細っ!心細っ!心細っ!
今吸ってるタバコ「パーラメント100sのライト」が自販機になかったので、違うタバコに挑戦しました。それは「CAPRI」。なんかパッケージはおばちゃん(マダム)が吸ってそうな感じです。やたらと細い。ピアニッシモでも細いと思ってましたが、それよりも細い。手になじまへんくらい細い。SUPERSLIMSとパッケージに書いてあるけど、そういう意味だったのかと知る。でも吸いごたえは結構あったりする。ビールをストローで飲む感覚なのかもしれない。まあ衝撃的なものを手に入れた日でした。

パーラメント アーティストパック 2004 その後

perliament02
perliament03
その後、違うパターンを見つけました。別に大した事ではないのかもしれませんが、UPしておきます。2004年のものが、まだ売れてないと思うと古い煙草を吸っているのかと、ちょっと複雑な気持ちになりますが、気になる人はチェックしてみてください。100sのライト、又は普通の100sで展開してたみたいです。僕はライトの100sを吸っていて、たまに自販機にないとき、普通のを買うとこのアーティストパックが出てきます。

桜咲いちゃいましたね

sakura
早いもので一年。会社の近くの公園に桜が咲いてました。風も強いし、曇っている天気ですけど、桜は春を告げるために、ひしひしと花を咲かせていました。今の会社に入って一年。変化を伝えてくれてるかのようにも感じました。こういう光景を見ると、いろんな感情が湧いてきます。今のままでいいのだろうか?とか去年に比べてどうだ?とかなど。桜は毎年咲くのに、人間1年経つだけで、桜の見方さえ変わってしまうものなのですね。流れの早い世の中です。
あっ!暗い日記になってしもた。僕もたまにはしんみりなりたいんですわ。わかってやってください。

バック自慢させて下さい。

02
bag01
bag02
bag03
bag04
bag05
仕事とプライベート両方使えるのを選びました。色もベージュと、この青系の色と、黒があったんですけど、いちばんおもろい色をチョイスしました。このバック値段はやっぱり結構するんですけど、おもしろいね。
まず、取っ手の部分。SHOPの人といろいろ会話をしたんですけど、バックを作る上でこのもつ部分にこだわると値段がかかるらしいです。結構大事な部分だと思うんですけどね。分厚くて頑丈。持っていても手が痛くならない。重たいスーパーの袋を持ってキューン!ってなる痛みなんか絶対起こりえない。肩の部分も同様にそんな感じです。
次に差し込む部分。差し込む感覚がもの凄くきもちえーんです。ちゃり通勤の時はショルダーバックとして。仕事用でもし使うときは外して使うので。この辺りはとっても重要なPOINTなんです。ノーパソも入れられるし、これから1年以内、外にでてもガンガン仕事してやろってな気分になりました。
で、最後におまけでバック用のカッパがついてました。この辺が遊び心があって楽しいね。完全にネタの用でもありますが。雨の日はちゃんとかぶせたいと思います。
バックが中心の店ですが他の商品もおもしろかったですよ。時計とかキーホルダーとか香水とか。香水の瓶はおもろい形をしてました。香りもいいし。時計もいいデザインしてました。さすがItaryですな。よろしかったら皆さんもどーぞ!
mandarinaduckホームページ

大人計画第二章!

01
僕にあった方はご存じかと思いますが、僕のトレードマークといえば、メガネと黒いリュックサック。
大人計画を進めるにあたって、メガネは去年買ったとして、バックもそろそろと思ってました。鞄は中2くらいからずーっと使ってるので…。
そんなんで今日もまた難波パークスに行って、お買い物をしてきました。バックを買うにしても仕事にも両方使える方がいいと思ってました。そこで、ふと思い付いたのが、吉田カバンとマンダリーナダック。先週、両方をまわったのですが、吉田カバンをみてるとスタンダードな感じはいいんだけど、お客さんが多いし、おもんないなあって事でマンダリーナダックにしました。そんなんで自慢させて下さい。

ちゃう!

日本のどっかではもう桜が咲いてるみたいだ。僕はもう新入りではなくなっている。会社に入ってちょうど一年が経つ。一年ってのは、短いようで長いし、長いようで短い。もうそろそろアレです。次はどうしよっかな?最近、一人の時間の半分はそんなこと考えてます。会社のやり方が「ちゃう!」って何回思ったことか。もちろんまだ一年目で強く言えない部分もあるんだろうが。結局悩んでる時間ってもったいないんだよね。