感謝の気持ち

感謝の気持ちを忘れてた。

なんか、自分の気持ちをまとめるため、文章にしてみようと思う。

最近ちょっと慣れない仕事なんかで、少し気持ち的にアガらない。

視点を変えてみるとか、もっと気楽に考えればとか、そもそもそれって本来の仕事じゃないとかいろいろアドバイスをもらって、一瞬元気になった風だけど、渦中に戻れば再び重い空気にさらされる。

責任感の表れと言ってくれる人もいるし、型にハマりすぎと指摘してくる人もいる。どちらも正解だと思って受け取ると自分の中で混乱する。

最近、そういう年齢なのか、どうにもこうにも本当に自分の将来や今の考え方、判断軸などに問いを持つ機会が多い。

今思えばワーカーホリックだったりしたのか、昔に比べて甘い蜜を知ってしまうと、体が動かない。そもそも慣れてないので動かないのかもしれないが。ストイックになればなるほど、自分の精神を苦しめる。

昔もそんな事があり、落ちるとこまで落ちた経験がある。
その時に支えてくれたのが今の嫁だったりする。

世間ではお盆休み。そんな中でも仕事をしている人たち。
明るく接してくれたりする人に本当にありがとうって最近、心から思うのです。

リーダーの器でもなんでもないけど、そういうところで兆しが少しだけ見えた1日だった気がする。

自分自身は、線を引っ張らない癖があるのか、引きずってしまったり、休みなんて。って思ってる節があって、なんか頭ん中では、仕事しなきゃ仕事しなきゃと責任感に苛まれるけど、結局のところは、頭の中がぐるぐるして、休日は寝てばかり。複雑になってばかりだ。

線引きできないから、筋肉がついた。
好きとか嫌いとか、やりたいやりたくないで、
線引きできないから、今悩んでいる。

自分が苦手なことを知った上で動けないから、こうなった。
甘えと苦手意識を勘違いしている。

自由奔放なマネジメントと統制の話は違う。
人の規模が多いとバランスとるのが複雑になる。

とか、思うところいっぱいで弾けそうだ。

でもでも、まとめると
・シンプルに感じる、考える
・感謝の気持ちを忘れない
・素敵なことは、徹底的に素敵という
・ダメなものはダメという
・無理なことは、無理という

ただただ、それだけのことなのかもしれない。