ちょっとおもろい自動販売機シリーズ02

みなさんこれは自販機です。サンプルなんてないモロコンピュータを埋め込んでる自販機です。何故か岡山で見ました。なんかこんなんではジュース買おって
気分になりにくいような・・・・。あたらしもの好きな僕はまろ茶を買っちゃいましたが。computer_02.jpg
computer.jpg

ちょっとおもろい自動販売機シリーズ01

そんなこんなでちょっとおもろいシリーズ第二弾!その名も「ちょっとおもろい自動販機シリーズ」。まずはじめはタバコ。最近LARKのメーンソールをよ
く広告でみかけますが、ありましたLARKのみの涼しい自販機。ちなみに場所は倉敷です。しっかし最近タバコ業界はTV広告が厳しくなったので頑張って
おります。でもこの自販機どうせならもっとゴリゴリに緑にすれば良かったのにとおもっちゃいます。lark.jpg

だれもいない堀江


大阪はこれだから好きです。ちょっと前に日曜の朝、堀江に行ったのですが、ほとんど誰も通っていませんでした。もともとその日は特に予定がなくて、カフェじゃなく喫茶店みたいなところでモーニングセットを頼み、何故かVIVIを読み、ゆーーーーっくりした時間の流れを感じました。もともと日曜の朝っていうのは好きなんですが、その日は格別でした。日曜昼頃には結構人が溢れてる堀江でもその日のその時間は、独り占めしたような感じでした。大阪の方!朝の堀江は一回体験しといた方がいいですよ。

きのこ号

kinokogo.jpgこの前、近くの駅でふと見つけました。自転車に書いてあったのですが凄く悩みました。何だキノコ号って?ぶっとんでると。その他の落書きは○○と××はずっと友達だからねというようなものでした。いやーぶっとんでる。きっとこれは小学校低学年の子が書いたんだろうなとかいろいろおもいつつちっちゃい頃のぶっ飛んだ考え方が今でもちょっとでもあるのなら、忘れずにしたいなと痛感したのでした。

勝手に評論「靴下屋」

靴下屋って知ってますか?街でちらほら見かけるので二週間くらい前ですが行ってきました。専門店ってやっぱおもしろいですね。なんか靴下一つにしても健
康的なものからいろいろあるんだなあと感心しました。あとこれはそこのショッピングバックなのですがこれをつくったひとはセンスというかこだわりあるん
だなあと思っちゃいました。まず柄がクツシターーーってのをチョイスしてるあたり。それとこの形。確かに靴下入れる袋って長細い方がいいって気がする。
しかも専門店って気がする。だって靴下は基本的に長細いもん。あとお店もレトロな感じでよろしいです。そんな勝手に評論コーナーでした。kustushitaya.jpg

たまには広告

僕は大阪でも下の方に住んでいるのでミナミに遊びに行く事が多いんです。でもたまに梅田辺りにいくと面白いものって結構転がっています。この前梅田に
行った時ちょっとおもしろい広告を見つけました。雑誌の広告なのですが、バックナンバーが壁一面にぶわーっと並んでいるんです。ソトコトっていう雑誌は
名前をしってるが読んだ事ない雑誌で今後読みたいなあっと普通に広告の影響を受けちゃいました。普通に商品の広告をするのもいいけど、やっぱりこういう
広告がおもしろいですね。通り過ぎる人みんなが見ていました。あー将来これくらいおもしろい事できるようになりたいなあ・・・。sotokoto.jpg

現場ピク

仕事帰りに近所の工事現場を通りました。そこの写真です。まっくらのなかでそのまま機械もほったらかしだったので写真を撮っちゃいました。なんか工事現
場の機械って家庭用ではないのでかなりデザインが機械的ですよね。いっつもはそんなことは思わなかったけど、ちょっとそれってかっこいいなって思って
撮っちゃいました。日常の生活のなかでおもしろいものかっこいいものってたくさんありますね。どんどん世の中は進んでいくわけだけど、今あるものを見つ
め直す事って大事な気がします。そんなこんなで、またこんなくだらないことどんどん考えていきます。genba.jpg

電車の切符

電車の切符なんかなんなのよ。と思っていましたが、この前、阪急梅田で切符を買うとちょっと感動しました。まあ見ての通り、梅田の「田」が昔の表示なん
です。さすが阪急!こういう細かい所ひとつみても歴史であったり、阪急が歴史を大事にしてるなあとかいろいろ考えさせられます。あと細かい事なんですが
この切符の字って何か癒されます。特に長体になってるあたりが。あんなちっちゃい所に最低限の情報を載せなければならない。そんな中でこの長体になった
のかなとか職業柄分析しちゃいました。こういう細かいところとか今後どんどん感じていけたら街歩くのでも、ただでおもろいんだろうと、たかが切符で将来
に向けて希望を抱いたのでありました。kippu.jpg

G-MAN(自慢)あらわる

G-MANとはかなり自分のなかでフェイバリットなものを紹介するいわば自慢(G-MAN)のコーナーです。一回目は歯ブラシを差すホールダーなのです
が、これはぱっと見た時結構画期的でした。未来を感じました。だって歯ブラシが壁にぺたってついてるんだもの。ただ、買って何日か経つと、飽きもあるん
でしょうが、あんまフェイバッリットじゃなくなりました。だって歯ブラシが落ちるんだもの。やっぱりデザインは機能あってのものだと思っちゃいました。g_men_suction_soap_holder.jpg