夜のマーケティングとち●こ

たとえ話。所詮人間。チームも理論もシンプルに考えれば、分かりやすいという話。

以下、ゲス話。

大きくても反っててても入らなければ成立しない

前戯がうまくても、長続きしなければ成立しない。

技があってもトータルで評価される。

長続きしても、それだけでは物足りない。

前戯の時に求めてるものを読み解けなければ、求められ続ける。

デートの時に早めのタイミングでココロをさらけ出せるイベントをどこまで出せるか。

あー、分かりやすいけれど、夜の街が好きなおっちゃんにしか理解されないな。

気持ちに負けた。自分に負けた

なんともなんとも。そういう話だ。どーにもこうにとこの面倒な社会において強くなければならない。パワフルでなければならない理由がとてもよくわかる。固定概念やイメージというのは怖いものだ。

潰れる潰れないやるやらない。人動かすことができれば勝ち。優しさいらない。ドライに考える土俵だ。

さて、寝ます。

情報処理能力とかマルチタスクって

自分を信じたら負けだけど、メールをなんどか取りこぼしてたことがあって傷心してたけど、どうやらそもそもメールが来てなかったり、添付が抜けてたりなど、気づきようもないことがあったと判明した。

あほなフリして、尋ねるとかそういうことも大事だなと実感。そういう意味では経験だけは重ねてきたんやなと思いつつ。

zipが解凍できないとかウェブの用語が分かんないとか、そういう話もありつつの。

そんなこんなで、どうにもこうにも久々に進行業務をしつつの、pdfにアノテ入れてくる人は、仕事慣れてんなーと思っとります。

ほんとにこの仕事の金勘定は不思議なもので

システム的、工場的観点で考えると、この仕事の価値(金)はほとんど人の動き。

個人的には水商売に似てるだのなんだのっていってみたりしてるけど、実直に考えるとすごいよね。

クリエイティブの効率って考える人あんまりいないと思うけど、俺はそれの方が興味あるんだわ。コスパって観点で。

システム作るのにも、デザイン作るにも、そこの戦略があって、考え方をつくるひとがいて、それを設計するひとがいて、プログラムをつくるひとがいるわけで。

一言言ったら終わる話に対して、いくつもサンプルだしたり、ゴネゴネこねたりするのは間違ってると思うんだわ。クリエイティブの効率を評価することはどういう基準があるだろう?

5000円の最高級ラーメンと500円のめっちゃうまいカップラーメンだとどちらが価値があるだろうか?僕は後者を選ぶ。

UIデザインってパズルだね

ひさびさにウェブのデザインに関わってるけど、パズルみたいで楽しいね。

というか、今やってる仕事に比べて超簡単。とりあえずでかく見せるとか、IAがしっかり考えられてたら(頭に入ってたら)、楽勝です。

なんでもそうなんだけど、流れとか強弱とかリズムとか、いわゆる構成さえマスターすればあとはコントラストの塗り絵だね。

それとグラフィックやモーションをごっちゃにして喋るのは、あきませんわ。

と、久々にウェブに立ち戻って自分の成長具合を感じたのであった。

VRエロ試写室から見る雑感

東京出張があったので、夜にVRエロ試写室に行ってみた雑感いろいろ。

場所は調べたら出てくるのでご自由に。

体験してみた感想は、うん。微妙。。です。

何が微妙かというと

動画を見る時間までにおそろしく時間がいる。PCのことをある程度分かってないと接続のところで戸惑う。

コンテンツが微妙。椅子が大事。シチュエーションを体感にできるだけ合わせないとただただみてるだけで入り込めない。体感がないのも一緒。

でも試写室としてはおもしろかった。

トイレの便器上に大人のおもちゃがあるのにわらったよ。ビデオ試写室としてはきれいな場所でした。

駅のすぐ近く。

テンガも買いました。

知ってる人にとっちゃあ当たり前のことを書いてるんだけど、普通の人は使いこなせないな。

パソコンはやっぱしいいのを使ってた。

厳重に格納されてるヘッドホン。人が使いすぎてボロボロだった。
総括。エロVRに見る課題。

1人で操作するには、操作インターフェースが必要。

PCと一体化してるくらいじゃないと、最初でつまづく。

ケーブルうざい。そういう意味ではcardboardの勝利。電源供給が課題。

コンテンツには触感が必要。よく言われることだけど。

決してお手軽ではない。まだまだ気軽に試せるものではない。敷居が低くなってきたものの、きっかけもなければ、1人で完結できるものでもない。トレーニングが必要なだったりする。

あたりまえだのくらっかー

あたりまえのことをあたりまえのようにするのは、何気にすごいことなのだけど、あたりまえのことをいったら、あたりまえだろ!って突っ込むのはなぜだろう?

そして、夢見がちな理想像をかたると、そんなことできるかいな!話をすり替えてるだけだと嘆くのはなぜだろう?

これが、ネガティヴ思考という病気だよ。

アマゾンのボタンについて考察

https://medium.com/@tokoroten/amazon-dash-buttonは何がヤバイのか-4fb29f42041d#.3n7468ytz

こういう記事があった。考察としては良いと思う。ただ、個人的に思うとこがあったので書き書きしてみる。

どうにもこうにも、このボタンに魅力を感じない。そもそも便利な場所に住んでるからだろうし、家にあんましいないから、宅配便が嫌いだったりする。

これは、もう物理的な問題である。

ただ、アイデアは素敵だ。ボタンでネットサービスにつながって動くというのは素晴らしいと思う。いろいろ評価はあるみたいだけど、テスト商品を使ったブランディングの一環にも見えるな。

個人的には、コンビニ受け取りやアマゾンプライムの方が印象的だわ。

雑務とか面倒な仕事って何か考えてみる

こういうことをよく考えたりするが、最終的には日本の資本主義が悪いとか、関係者の組織がどうとかって話しになったりする。合わせて、超主観的になってしまって目の前の仕事がポジティブに置き換えられなかったりするのが大半な気がする。

そんな時に、落ち込んだり鬱っぽくなったりコミュニケーションが雑になったりするんだろうと思う。

そんな中で思うこと。

仕事が未来に向かってない感覚。いわゆる雑務。オペレーター。

0→100パーセントにする仕事

これは、誰かにいったか?とか処理をしたかしてないかって仕事。経理処理とかそういう話だと思ってる。どの職種でもあると思うけど、僕の立場はそういう立ち回りが多い。

ただ、そんなことできてあたりまえ。世の中知らない大人になりたくないってのが僕のモチベーション。

でも、誰にでもできる仕事とも考えられるので、そういう風に捉えるとその仕事ができるようになったらルーチンワークでしかない。
100パーセント以上の仕事。

こちらは、未来へ向かう仕事。世の中には基準があんまりなかったりする。クライアントも自分のまわりも好き勝手意見をいってまとまらない。そこで、自分が思うところを仕切るのがディレクションという。意思統一とか、示唆してあげるだけでも前に進む。
リターンが薄いかどうか?

会社にいると自分へのリターンが少ないんじゃないかと思う時があると思う。金や時間。でもそれってのは考え方だけで変わる。個人と比較したら、それぞれ良し悪しがあるわけで。利用してやろう、流れを見極めて動きやすい波に乗っかれば、あまりそんなことは考えないんだと思う。

そうやって考えると、自分は小さな存在だし、冷静になれるような気がするな。

VRってどうよ?HMDって何よ?

この業界界隈では、VRの話が耐えない。ただ、付録レベルのタダのようなダンボールのビューアーが出てるにも関わらず、一般化してないように思える。

なぜだろうと考えると共にVRとかHMDって何がいいのか?何が足りないのか?アイデア含め、本質的に効果があると思われる側面を考察してみた。

コンテンツって何よ?

議論の中で何をコンテンツにするのかというトピックがよく出てくる。まず、前提条件としてゲームだったり、映像だったりするわけだけど、僕はそこを1番疑いたい

VRって何がいいのさ?

とにかく前面に広がるデカイ画面が見れる。それはたとえ平面の画像だったとしても。360度まわらなくてもいい気がする。それはヘッドマウントディスプレイの利点として。

そこからのアイデア

寝たままビューアー。インターフェースが鍵。横向きで見れるかが鍵。充電が鍵。ケーブルレスが鍵。
プロモーションで跳ねないのはなぜか?

中身を体験する機会がつくりにくい。

見た目が分からない。

外見がおもしろくない。アイマスクのアイデアからいろいろ展開できそう。

初見のユーザーが想像できなさすぎる。

充電がHMDにさすとできればいいのにとか。

http://lineq.jp/m/note/112228