こいつ絶対失敗する話

最近は、あまり仕事に感情をいれないように努力する。そして、慣れた仕事ばっかやってたかは進め方を忘れた(こなれた)。

受け身な立場、偉ぶる人。実はパワハラまがいのことをする人。そういう人はいっぱいいる。敷かれたレールの中でやるのはどれだけ簡単か。

甘えさせるのはよくないと、最近痛感している。自分のリスクヘッジは、会社や社会はてくれない。ストレスをかかえてしまうことは、自ら性病にかかっていくのと同じだ。

それも含めて、やれることをやって、人のせいにしたりするのは、よいことだと思う。

こういうことは、冷静に書き留めれば書き留めるほど、ドライになっていくもんだ。

そんな斜めの視点でモノゴトをみると、失敗するやつしないやつが見えてくるし、行動もかわる。

もうちょい大人になろっと。

人と自分の評価基準

ひさびさにブログをポスト。

最近はとても忙しい(と、されている)。

どうにもこうにも余裕がない。

ドライ(無)になって仕事するほど、仕事感があるものはないだろう。

大人ですから、ギュッと我慢するわけだけど、本当の意味で考えなきゃならんことを冷静に考えるためにこの記事を書く。

まず、評価基準。今課せられてる課題。

1つは金。金を稼いでるとすれば周りは何も文句は言わない。会社員であるがゆえ、少なからずお金も見ているため、そこの基準が1つある。お金を稼ぐことは、自分への慰めにもなるし、目標にもなるからとてもよいことだと思う。

2つ目は、貢献度。公開できて広報できる仕事をするとかそういうやつ。確かに家族や友達に言える仕事は素敵だ。

3つ目は、教育。もう社歴的にも経験的にもそういうポジションになっている。

それでだ。最近はストレスが溜まるんだ。何が原因なのか考えてみると、多分案件の性質や業務の内容ではなく、『非効率さ』と『自分の中途半端なまじめさ』なんだと思う。

時間は平等。生産性を考えると、同時に同じ作業をしたり、無駄な会議に出たり、客がいるのにうちわでもめ出したり(お客さん内でね)、そういう時に時間が止まると非常にストレスが溜まるんだよね。

議論をするのが好物な人がいるけど、そういうのはやめてほしい。アイデアや考えを伝えるのはよいとして、広げてまとめる方向に誰かがしないと収集つかないし、話が前に進まない。

とかとか考えて書いてると、もはや一回転して、究極にドライになってみたらどうだろうと思う。だらだらした話は付き合わない。することして帰る。そういうことだろうと思う。甘えと優しさと曖昧さは非効率さを生む。

いろんな仕事があるのだから、自分の仕事の演者モードを使い分けたら、素敵なピエロというビジネスマンになれるんだと思う。

それがドライなビジネスマンなんだと。

そして、それがいっぱしの大人になることなんだろうと。

ホームパーティ

会社の同僚のホームパーティにお邪魔した。

高2と中1の女の子がいる家庭であまりその年代と接点がないのでとってもいい機会だった。

んで、仕事的な話でいうと、最近の若い子はってところでは、LINEやtwitter、instagramを使ってるってところはあるんだけど、検索はしない。

興味あるものはシンプルでメシとか水着とかそんなレベル。多分検索方法もお勉強なのだろう。

ここだけで判断するのはよくないけど、今の僕らの仕事のようなジャンルは誰に当てたものをつくるかってのは、今回の彼女らに水準を当てる必要はなくて、もっとビンビンな人なんだと思う。

ほんで、彼女らに当てるやり方はそれであるわけで、っていうよく考えたら当たり前の事を痛感しましたわけです。

夢や理想を語ってできないならば

ただの夢追い人なわけで、ビジネスにはならないし、飽きるほどそんなうまい話を聞く。

そんなスタンスだから、おもしろくないと思ったりもするし、現実肌になったりする。

オペレーションだけでもつまんないし、ディレクションとかプロデュースって一言でいってもそんなに簡単なもんじゃないんですよね。

で、そういうのってどうやって培われたかって痛い経験でしかないんだよね。

業界はもう12年選手。大口たたくようにもなったもんだよ。いままで、誰かがまとめてくれてたり、ケツを拭いてくれてたんだとも思う。

だからねー、シビアに見極めしなきゃならんのですよ。

俺は多分コスパしか頭の中にない。

SNSや言動がつくるイメージ。

それはなんとも不気味である。仕事してるとはみ出てる人が目立つ。個性があるから、新しい動きをしてるから、はみ出てるわけであって協調しまくりな人は目立たないとか人と合わせてるとか言われて干される。まあ、そういう社会は結構面倒である。

でも、情熱の押し売りはどうも最近苦手で自分自身が受け付けない。疲れてる時はそういう言葉に励まされたりするものだけど、疲れてなければ、ただただノイズにしか聞こえない。

もっと自由にしたらいいじゃんという人ともっと責任持って自分の仕事してくださいという人はその時点では噛み合わない。

そんなこんな合わせたり合わせさせたりで人は動いてるわけで、そこにSNSやらで仕事の話題が入ってくると、無理くり引き戻された感じがしてどうにも嫌悪感がでてくるのだろうか。

だから、自分の中ではSNSは分けている。そういうノイズは本当に無駄だ。ネタ化する以外使い道がない。

おもしろいやワクワクはどこでスイッチが入るのか?

久々にポジティブなことを考えてみる。

まだまだ業界10年プレーヤーだけど、最近広告やブランドコミュニケーションの見方や見え方がとっても変わってきた。年もあるし、時代もあるように思える。

ちょっと表現に凝った広告やCMにはどうも鈍感になってきた。タレントを使ったベタベタな広告は全て同じに見えてしまう。

全ての人がそうとも思わないし、趣味趣向はあって当然なのでそれ自体は否定しない。

そういうこともあってどうしても仕事に身が入らないのである。なので、まずは自分を分析してみようと思う。

1.クリエイティブ視点で

コピーワーク含むグラフィックで成立するもの。モーションありきで成立するもの。ウェブで効果がみえるもの。イベントだから成立するもの。

万能ではないし、作用点とかタッチポイントとかそういう言葉で語られるようにいつどこでどのタイミングで見たものがどれだけというのは真剣に考えなくちゃいけない。

受け皿になるウェブサイト(オウンドメディアばかり)を作ってきた人間としては、その前のことが1番重要だったりするし、最近ではそのオウンドメディアさえもいらないのではと思ってしまう。

2.ブランド視点で

コラボは飽きた。まさかの生まれ変わりも疲れた。形を変えたりブランドを展開するのはいいけど、やり過ぎてなんか薄まってる気がするのは僕だけか。エゴなのか時代に取り残されてるのかもしれないけど。

G1レースは異常に増えて、プロ野球は仕組みが複雑になり、ひっちゃかめっちゃかロゴをプリントした雑誌の付録が増えて、ブランドのダシ汁的にコラボをしてる。もはや遊園地は本来の遊園地の形をなくしてる。

完全に昭和人間なわけである。だからテクノロジーには興味があまりない。むしろ昭和な時代に憧れたりする。

3.ムーブメント視点で

僕は中途半端にミーハーである。お笑いは好きだし、流行ってる音楽や流行り言葉にとそれなりについていこうとする。そして安直な発想で、とりあえず広告のコピーに#をつければ今っぽくなるんじゃないかとダサい発想に結びつく。それをダサいと思う人もいるとは思うし、共感する人も少なからずいるんだとは思う。

#つらつらと書きますが

何が最近おもろいかって、

知らない街を発見するとか、地下鉄のサインとか街の変化とか、JR大阪でめっちゃすきやねんのチャイム聞いたり、そんなものすごく日常のことなんですよねー。なんて泥臭い。まずまず今やってる仕事でワクワクしなければ、おもしろいとは思わない。間違いなくウェブサイトで感動はしない。

でも、ドラマで泣いたりはする。

ラインのスタンプで喜んだりする。

キャピキャピしてるのか、すごいシュールなのか。メジャーコードなのかマイナーコードなのか。キーの違いはあれど、転調しすぎるのは好まないし、ベターなやり方を好む。

とりとめないけど、なんかそんな感じなんだよなー。言葉だけの広告とか、そういうのを今やればいいのにね。ウェブなら音だけとかね。ラジオとか流行ってるみたいだけど、そういう情報疲れをつくる側の僕も当事者として感じてしまってるのかもしれない。

コミュニケーションてなんだ?できる人ってどんな人だ?

概論とか手法とかなんかいろいろ出てて、やれ周りにどう見られたいとか邪念が入って複雑になったりするわけだけど、僕が理解しようとしないのかアホなのかそんなのは頭に入ってこない。

そして、学歴問わず僕がこの人頭キレるって思った人は共通して、

あえて、アホになる、正直に伝える。そこには理由が常にある

確実に論破できる理由がある。ゴールが見えてる。割り切る。

平和主義

周りを見ながら喋るし、ムキにならない

こんなところが共通点である。んま、オトナってやつか。
これ、つかみどころないな。
でも、僕もそういうところを大事にしてる。

んで、すっげードライにコミュニケーションコストという視点で考えてみると、、、そういう仕事をしてるのにも関わらず、薄っぺらーいことしかしてないよなーって思うわけですよ。

まあ、重い話だけだとしんどいけどね。

媚び売ってても、もはや、媚び売ってまーす。って言い切ってしまえば、誰も文句言わんだろうし、演者だよとか思ったり。

支離滅裂なことをダラダラ書いてますが、んとまあ、結局言いたいことは、楽しくプレイできるんか?ってことなんですよね。

続かんとあーだこーだいっても意味がまったくないですよ。

こいつとあわんという話もええけど、もう大人ならあんじょううまくやる術はつけるべきだし、距離の取り方のバランスは重要だと思うわけですよ。

ホストとかキャバとかの凄腕の人の距離の取り方の勉強したいわ。

遊びたいだけやん!と突っ込まれて終わりそうだけど。

だれか、PLAYする術をもっと教えてくれ。

大人のやり方がめんどくさい

どうにもまだまだガキである。

振り切れてない自分がいるとも言い切れる。

変に優しかったり、敵をつくらなかったりすることも悪い。

素直じゃなくなる時が一番厄介だ。

ほんで甘えだけど、近くにいる人にはホンネをいいたい。

もちろん気はつかうけど。

間接的に悪口聞いてもこっちはどうすりゃーいいのか。

時間の無駄である。

勝手にいい風にとりゃーいいじゃんとも思うし。

バカ正直もいらんストレスないからいいけど、気付けば空っぽな気もするし。

周り見すぎると、殻にとじこもっちゃうし、どーにもうまくやってけんのか俺は?て思っちゃう。

あんま喋らんとことも思うし、それならより考えが明確になるだろうけど。。

定時できっぱり帰れるならともかくそういう時ごとではないし、時間の大事さはますます感じるよね。

だれがどうとかいう前に、カネ割る時間x楽しさってことで考えた方がよいかしら。

大人の政治の話はめんどくさいよー。

サラリーマン一直線であーる。

俺は誰なんだ

誰でもいいし、できる仕事をすりゃーいんですけど、なんとも線を引っ張りたいこともあれば、引っ張りたくないこともあるわけです。

時に営業、時に経理的な仕事、ときにウェブディレクター、ときにプランナー、ときにデザイナー、ときにSI風仕事、ときにコンサルっぽい仕事。

縛られてしょーもない時間を使うくらいなら、縛られまくってる人たちを見ていろいろやりゃーいんだけど、なんかアホらしく思うこともあったり、要するにキラキラしてる業界にいるけど、ただのサラリーマンです。

夢や理想論しか語らないやつは、全員いなくなればいいとも思ってる。

幸せなのかなんなのか。んまでも、自由であることは確かなのでそこはよきにはからおうと思う。

僕らの生きる道

ひっさびさに会社の人と飲んだんですが、少し冷静に自分のことを見ることができたので、書き留めておく。

なお、タイトルに僕らって書いてるのは周りの人の意味も含めてる。

いきなりだが、

テクノロジーとは?

安定している枯れた技術。

流通しやすい使いやすい技術。

ハイスペックな業務用機材。

それをつかいこなせるすごいプログラマーやSE。

ハードウェア〜ソフトウェア。いろんなレイヤーで語られる。いわゆるモノ(ハードウェア)を売ってる企業が多い日本では、売れるものを作る。それはそれで、すごいことであり、安定感がある。

でも、それでは新しいものは生まれない。

今、僕がいるこの場所ではそれはそれで必要とされるが、それだけでは新しいものは生まれない。

だからといって自分はそういう新しい技術は追い求めたりしない。なぜなら、できないし、今の環境ではする必要がないから。

じゃあ、何をするか?

やっぱり、そういう試みを投げかけたり、組み合わせて、成立させる。そういう仕事をしている気がする。

今は、コミュニケーションデザイナーという肩書きがついていて、それが正しいかどうか分かんないし、正直なんでもいいけれど、仕組みがドライブしていくと何とも言えない快感なのである。

人のコラボ(組み合わせ)

企業のコラボ(組み合わせ)

技術のコラボ(組み合わせ)

表現のコラボ(組み合わせ)

今日話をしてた人が、うちの会社は技術力っていってた。勝手な解釈だけど、本当の強みは構成力っていってたような気がして何とも腑に落ちた。

言い換えれば、ソリューションだね。

だから、僕の立場では、専門職をうまくコラボして引き立たせる。モノやブランドも同じ。それがプロデュースっていう形だったり、プランニングという形だったりするんだろうと思う。