理論武装と人の多さ

ストラテジープランニングという言葉がある。

ロジックは分かったとしても、個人的にはその言葉がきらいだ。

人間は、最終的に感情で動いていると思う。

伝えるという意味での広告は、感情を動かす仕事だ。

また、理論武装は、コンセプトではない。

あくまでも定義なだけ。

机上の空論でものごとは進まない。

百聞は一見にしかず。

頭が凝り固まってる人間に対しては、現場感丸出しで、お伝えするのが1番効くと思ってる。

素人がアウトプットをイメージできるわけがない。

中身や意図が分かってない人間に構成なんてできっこない。

その割に間にいる僕のような地味な仕事は見えづらい。

よくそんなんで仕事してんな。と思うこと多々。

家は骨組みがないとつくれないし、改築を繰り返して破綻するのは計画性がなく、センスのかけらもない。

力関係のバランスが崩れると、それらは崩壊する。

で、がんじがらめになる理論武装はきらいだ。

この仕事、お金、値付けに関して議論がよくあるが、個人的には関わる人の多さ(煩雑さ)で決めるのがよい。

と、とりとめもないことを書いてしまった。

こういうことを思っちゃうから、現場から離れられないんだろうなって思ったりする。こだわりとか好き嫌いではなくて、一種の性格というか癖みたいなもんなんだろか。

自分を信じるよ

んとまあ忙しいが自分基準で考えるようにしようと思うよ。

いろんな人と話してると自分の立場やら考えやらを俯瞰的に見ながら整理できるわけで。

とりあえず、俺の場合は意外と若い割にしっかりしてるってのが取り柄らしいけど、しっかりしたくてしっかりしてるんじゃなくて、しっかりしないといけない立場やら責任やらを感じるから、それをやってるだけ。

甘えてんじゃねーよとか心の中で思ったりするけど、虚しくなるんだよなー。そんな人のことなんて考えられんだろな普通は。

理解できない、理解したくないことはたくさんあるけど、逃げてるってわけではなく堂々とはしていたい。

文句言われる筋合いない理路整然とした理由があるなら、突き進めばよいだけだ。

他人に判断を任せたら、普通は責任のなすりつけあいだ。それか無邪気にモノをいうだけだ。人はいい風にしかとらない。人は信じない。

だから、どうやって自分が正しいと思えるかだけ。

そこに未来があるならば、自分を信じて進めばいい。

そこに未来がないならば、自分を変えるか、場所を変えるかしてみればいい。

↑いいキャッチコピーだ。

何にも知らない人に傾ける耳は2割

なんか想いが強すぎて、空気読まず、酔っ払って語り続けるおっさんみたくなっちゃってる。

それで商売なりたつんなら、責任全部転嫁して仕事しよっかなー。

いい大人がかわいそうだねー。言ってることは分からんでもないけど、それでどうなるんだろね。視点が浅いですよ。

その人も最終的には責任もたないんだろうから、あっさーいことをそれっぽく言えるんだろうな。

●●的な。

とか会ったことない人が見るメールでよく言えたもんだよ。

裸の王様。

と、悪口書いてたら飽きてきた。

俺がヘコヘコしてるときは

無になってる瞬間だよ。真剣にやってない証拠だよ。そうさせてるのは、君のせいだよ。わかってらっしゃるかな?

頭わるいから分かんないかな。

100歩譲って

無茶をいうのはいい。

伝わらなかったのは、自分のせいだと思ってもいい。

ただ、自分の立場だけで、モノをいうのは違う。

責任もてやー。って普通はいうけど、言わんでもいいわ。

そういうことしてると、信頼をすべてなくすことなんて、いい大人であれば少し考えればわかるのにねー。無能な人間が多いわ。

だって仕事だからキャンペーン

最近ものすごく感じる。

人には行動する動機みたいなもんがいると。

何かを管理する立場ならなおさら。

何かを目標としてるならなおさら。

そして、半分あきらめてる。

というか、そういうスタンスが楽だし、性に合ってる。

無になれば、変な理屈なんていらなくなる。

何かを理由に諦めるということは、逃げじゃなくて、捨てるという判断だ。

何かを捨てて、それ以上の何かが得られればいい。

誰がどうとかいうのは、前に進まない。むしろめんどくさい。

面倒なことがわかっていて、面倒になるのは想定通りなのでいい方かもしれない。

対策がとれるから。

むしろ最悪なのは、見えてないことだ。

見えていたら回避の仕方もわかる。

かっちょよくいうならば、ものごとは無になって冷静にみつめて判断する。

感情的になったら負けだ。

ツテは使えるだけ使って、選択肢を増やして、それでもダメなら、自分のスキル不足かそもそもできないことだと後で思えばよい。

だって仕事だから。

やる気があるとかないとかの議論は、よく考えたら無駄だ。

モチベーションの話は別として、そもそも論を言い出すと、社会なんてやり方次第でもあるが、ストレスの塊だ。

生活するために働く。他に方法があるならば、それを選べばいいだけ。

フワッと眺めてるだけでは、何も変わんない。

冷静に考えるとそんなことかと思う。

だって、仕事だから。

キャンペーン。

一時的な感情だと思うから、

だって、仕事だからキャンペーン。

なんでそんなにがんばるんだろう

夜遅くまで働いて働いてお金が稼げるのは当たり前の話だと思うんです。

繁忙期だからというのは、また別の話で効率の話とすりかえてるんです。

こだわりと割り切りは違います。

誰でも勉強や根気があればできる雑務。は、誰かに任せないといけない。

ただ、瞬時に大量に雑務をさばけるようになるのは経験だしスキルだったりもする。

それはそれで重宝される。

でも、やっぱり活かさないといけないのが個人スキルである。

と、朝なのか夜なのかわからない時間に梅田からなんばまで歩きスマホてわ帰ってる。

もう4時だ。