オフェンスからディフェンスに変わる瞬間

仕事の捉え方はいくつかあると思うが、僕はオフェンスが好きである。
要するに提案をしたり、前のめりで進めたりするのが好きだ。

反対にディフェンシブなやり方は好まない。要するに受け身はやだ。否定ばかりしなければならないし、仕事が嫌になるから。

大人なのでお金で割りきったりもするが、それだけだと芯がなく悲しいものである。意思がない誰かのいうことを聞いていると、水商売ですか?と自問自答する。それが悪い訳ではないけれど、それを楽しめない時はある。

とかなんとか、最近モチベーションがもたないとかよくぼやいてますが、なんなんだろうかと思うわけです。

とりあえず自分のなかで分かってることは、戦略や目標がなくただただしんどい仕事。担当者自身がやらされ状態で何にも考えてない。その企画に自分が興味を持てない。ってことだろうか。
介在する人が多い場合、役割がぶれてそんな風になりやすい。

ま、僕の業種で考えるとどんな状況でもその辺を打ち返す空気をつくることなんでしょうが。

ただのかまってちゃんになってしまいそうだけど、俺そないに偉くもなければ、これっぽっちも仕事ができるとは思ってないから、誰かに何かしら分かりやすい形で認められたいのかもねぇ。ただスゴいねとかじゃなくて。

それでも納得できないから自分で理由をつけたがるのだと思う。忙しすぎたらそんなことも考えないのだけど。

と、最近はディフェンシブなのです。
めっちゃ仕事頑張って、お金も持ってて、ご褒美に飲んで、プライベートは楽しい趣味があって、健康でっていう幸せのフォーメーションはどうすればできるんでしょうかねぇ。

何事もバランスが大事。そんなことを思います。