なんでもマン

なんでもマンなんていませんよ。

ワシは誰なのかが最近よくわかったわけです。
人は24時間って決まってるし、話を持ってくるのが得意な人がいれば、整理するのが得意な人もいるし、素敵なクリエイティブの提案をする人もいる。

んで、この僕は自分をクリエイティブだとは正直思ってないし、そこは間違ってないと思う。逃げかもしれんけど。

超慣れない仕事ばかりしていると、いざ今までしてた仕事に戻った時になんて楽というか。それはいいのか悪いのか経験であり、ある意味では使いどころを間違ってるとも言える。

苦手と思うことをやったりするのは、とっても大変なことだけど、経験になることは確実だ。仕事なんて普通に考えたら面白くないよ。だから、どう捉えられるかが重要なんだろね。もしくは、面白くする術が重要な気がする。

でも、そうやって受け止められる時間がなくなったら、それで終わり。何もかもエンジンふかしても空回りになる。そうして、自信喪失し、自己嫌悪に陥る。責任感が強ければなおさら。心配性であれば、より悪いスパイラルに。

いろいろあるんだろけども、そうやってちゃんと選んで仕事しなきゃならんな。断るもんは断った方がよいのかも。

言葉が悪い人に傷つけられたり振り回されたりするけど、新しい何かを吸収してると考えたらいいだけなのかもしれないね。心に余裕があればいんだけど、それがないのはダメなことだね。