今まで何人かにバランス感覚に優れていると言われてきた。
でも、それはとっても小さな船だった。
乗客も穏やかだった。

荒れ狂う時代の流れや様々な人が混じると、そんなことにもならない。
人が動き回れば、バランスを崩して転覆するし、
もちろん人が多ければ沈む。
行き先を地上から見守ってる人は、
船がどこにいるか?中で何が起こっているかを知らない。
希望を胸に船に乗り込んでも、そこで何ができるかは、その人次第だ。

僕は、わからないふりをしている。
だから、向き合えていない。
だから、人を信用できていない。
最悪の船旅だな。

波風立てずすまそうとするには限界があるな。
敵もいなけりゃ、味方もいない世界は寂しいもんだわ。