修正じゃなくそれは変更です。

僕の場合だけなのかもしれませんが、勝手に言葉の定義をしてます。
そういや、誰かもこんなこと言ってたなあ。

修正
ニュアンスが違うのでなおしてほしい場合
単純に間違っていた場合になおしてほしい

変更
そもそも全然違うことをやること

なので、
●●変更に伴い、修正お願いします。は日本語として正しい。

もっというと
●●変更に伴い、申し訳ありませんが修正をお願いできませんか。

となると日本人らしいがクドイ。

ただ、

修正お願いします。

だけ言われたらイラっと来る。当たり前だと思ってるだろ、そもそも何もする気ないだろ!と。

こういうことを深読みしちゃうから、ストレスたまっちゃうんだ僕。。

自分洗脳と筋肉

おもしろくない仕事があったとしよう。
自分が興味ない仕事があったとしよう。

そのまま素直に受けとるのは簡単だ。面倒だし、嫌な気持ちになるのは簡単だ。

しかし、それを別の視点で考えたらどうだろう。

マネージメント、客の仕事、経営方針、エクセルの仕事、まとめあげる作業。まったく理解できない、分からない業界の仕事。

昔はアウトプットしか見えてなかった。が、実際はこういった地味な仕事が根底をつくりあげている。

それを業務外といいきるのはとても簡単だ。そしてそれもビジネスもしては大事だ。

ただ、実際のところ一番それらをコントロールできるのは、そのあたりを全部理解して発言してる人である。

と、僕は思ってる。
すごい理想的ないいやつになりきると、自分を洗脳している。

原稿がないとできないとか、何がしたいのかよく分からないからできないと言ってる人は、そこで終わり。

何がいいたいかって?

お前なんて世の中からすれば、大したことないんだから、少しは紳士になれよと。

好きになる努力をしろよと。

理解した上で話せよと。

理解できないなら、任せろ、判断おしつけろよと。

ただ、一方で、効率の話もあるので一概にはいえないが、これが僕のスタンスである。

そんなこんなで筋肉はついた。という話。

すばらしいこともある

とあるお客さんに鑑みすぎといわれた。無理なら無理っていってくれればいいよとも。

そういう選択肢もあるのかと今だからこそ分かった。

納得できる仕事とは、いろんな事がバランスとれてるということなんだろう。お金、時間、人柄、個性、アイデアのセンス、経験値やスキル、そして情。

そして何だかまわりに恵まれてるなと思った本日。

passion&cool today

ほらやっぱり

仕切れてないのにスケジュールだけやったら気にする人は、ただの目覚まし時計だよ。

当初の予定ではとかいいながら、当初の約束破った時点でお約束できませんよ。ビジネスですから。

絶対客前で圧力かけられて、持ち帰っちゃうからそんなことになるんでねぇかと思うんですよね。

これって僕がスケジュールゆるゆるってのもあるんですが、自分の都合だけで喋ってるのが悪いんだよ。言い方ってのもあるよね。

フィルターってのは、濾過する分時間かかるんだよ。濾過できないフィルターなんてただの伝書鳩ですよ。

文明が発達するとそんなものは自動化される。

Webや技術のことならともかく、根本的なこと(プロジェクトの目的など)を理解せぬまま勝手に進めてバトンタッチするのはあまりにも身勝手かつ不自然だよなと思います。

自分辞書の再定義:ちと整理ができないので・・・・

なんだか思考が整理できず眠れない。
ということで整理する意味で自分辞書を整理してみたいと思います。

まじめ・・・・
すなわち固い。不器用。起点が効かない。働き蟻。おもしろくない。堅実。テキトウの逆語。

残念・・・・
カジュアルな意味では、宝くじが外れて残念。雨が降って残念。
重たい意味だと、あのひとは残念。

仲間/チーム/ともだち・・・・
何もいわずとも気持ちがわかる関係の人たち。
大事にするがために気を使いながら、時には無理を言える関係性。
逆にこれがなければ仲間ではない。

社交辞令・・・・
本音を言わない関係性のコミュニケーションで使う言葉たち。
これを使う時点で仲間ではない。

愚痴・・・・
頭の中を掃除するようにだれかに話を聞いてもらうこと。
または酒の肴。

主張・・・・
曲げないこと。自分が思っていることをちゃんということ。
愚痴ではなく、相手に面と向かっていうこと。
別名プレゼンテーション。

結果とプロセスと運用・・・・
1)数字的な結果/目標設定
見え方が重要。数字の場合は見え方が操作できる。意外と重要でない気がする。
目標として明確なほうがわかりやすいが、後述する2)3)4)をどこまで出来るかが一番重要。

2)プロセス
そこに至る試行錯誤。Try & error。そこで得た結果。見えてくるもの。
そこで得た結果や気持ちは本人でないとわからない。

3)実施計画とリスクヘッジ
具体的に何が必要か考えること。本当に実施するためにリスクを可能な限り潰すこと。
または、何か可能性をより引き出すために行うタスク。

4)運用
WEB風にいうと更新だが、ここでいう運用の意味合いは日々お付き合いすること。
日々回すこと。日々考える事。そして日々もっともベストを考えていくこと。

PDCA(PlanDoCheckAction)・・・・
多分、自分の中では上記1)から4)のながれのこと。

嫌われる人(僕が嫌いな人)・・・・
なよなよしてる人。周りくどい人。人の気持を考えない人。頭の回転が遅い人。可愛げがない人。おもしろくない人。

好かれる人(嫌いな人の逆)・・・・
・(いいか悪いかはおいておき)はっきりしてる人。
・人の気持を考えられる人。
・頭の回転が速い人。
・可愛げがある人。
・話がおもしろい人。

営業活動(制作業界・ウェブ業界・広告業界)・・・
いくつか方法があると思う。あくまでも外向きの話。
内向きの話は、チームや組織によって違うと思うのでここでは考えない。

1)Mパターン:「まかせる」「まもる」
・誰かのいうことをひたすら聞く
・本当にいいものをつくって、話が来るのを待つ

2)MからのSパターン「まかせる」から「せめる」
・相談内容のインサイトを考えること
・相談相手のインサイトを考えること
・そして実施すること
=しれっと懐に入り込む系

3)Sパターン「せめる」
・枕営業(どの業界でも)
・バラマキ営業
・接待
・セミナーなど大きくみせる系
・メディアにうまく広報活動
・いろいろと割り切る(捨てる)

楽しい仕事・・・・
=楽しくできそうな仕事。決してハナから楽しい仕事という捉え方は僕はしない。

儲かる仕事・・・・
予算がないということではない。儲かる仕組み(効率)を考えられるかどうか。
・1回で1,000万の仕事
・1ヶ月に100万の仕事
・1ヶ月に50万の仕事を2本
どれが一番価値があるのだろうか?
どうやってそれぞれの価値を見いだせるだろうか?

営業確度(営業効率)・・・
前の会社から振り返ると・・・
そもそも見えてるか見えてないかが重要な気がする。
または見えそうか見えそうにないかが重要な気がする。
・確度が高い=見えている仕事をするか
・確度が低い=見えない仕事をするか(チャレンジ)

ストレス
1)人へストレス
結論、深く考えないようにした方がよい。
話をするときは「この人はこういう人だから」と考えて
コミュニケーションをした方がよい

2)自分へのストレス
ここが一番どうしようもない。これは考えすぎると鬱になる。

3)環境のストレス
金がないとか自由がないとか会社が遠いとかって
割り切るか何か自分で変えていくしかない。

と、最後にストレスという言葉を自分なりに考えてみると
整理ができたので、今日は寝る。

いっつも誰かに言ってる言葉なんだけどなぁ・・。

 

あー残念だ。

誰かを見ながら仕事をするってのは何だろうと思うんですよ。 お客さんも外注さんも同じ会社の人も。

そういうのがなく、周りが見えてないから、前に進めなかったり、金とか言い訳とかそういう話が先行して、誰かが犠牲になって、鬱になったり、体崩したりするんだよ。

と、強く思ったりする。

全部の責任を解放するか、全員に同じ責任を課すべきだね。

その一方で、そういうめんどくさいことは無視した方が自分のためとか考えてる自分がいたりするので同罪だなと思ったり。

そのへん思考停止状態になったりしてる。

てのが、ここ一年の悩み。

正義感の強い父親と冷静さを持った母親のDNAを受け継いだのだろうと思いながら。

あ、精神的に落ちてるってわけではないですよ。

回答を待つのではなく誘導すること

誰かに判断を預けると、預けた分だけ振り回される。よく考えればそれだけである。

理屈こねるのもそれがあるから。
ある意味組織やチームで主導権を握るというのはシンプルな話なのかもしれない。

受け身のスタンスが多い日本人なら尚更。回答を待つのではなく、回答はこない前提のことを少し考えなければならない。
だから、よく考えて回答を誘導することが大切なのである。

たまには人のせいにしちゃう

分からないというよりも分かろうとしないことに腹がたち、それに対してパワーをつかってしまう。
僕を知る人は、メールの文面を見ただけでキレぎみなのが分かるという。
中途半端にまとめるくらいなら全部の情報を共有するかポイントが分かるようにまとめろよ!って思っちゃう。

何度もいうが、伝えきれてないのは広告主や依頼主の責任で、理解しようとしないのはビジネスマナーとして人間として最悪である。

金がないのは分かる
時間がないのも分かる
みんな一緒である。
逆に金がありゃできるのか? 時間がありゃできるのか?って言われてもそんなことはないはず。僕は時に人のせいにする。

はっきりいって意識の問題である。
どんな状況でもモチベーションを上げてくるのが一流の大人であり、ビジネスマンである。

そして、それは異常に面倒な仕事である。